永久的に持続する切開法|二重の希望のラインになるまでに3か月

様々な手術法

医者

毎日の手間がなくなる手術

二重まぶたにするためには、整形手術が最も効果が高く安全でしょう。簡易テープや化粧液を使用する方法もありますが、これらは一時的な措置であり、毎日メイク前に手間がかかります。また購入費用も継続してかかり、皮膚への負担も毎日かかってしまいます。しかし元から整形してしまえば、このような苦労からは解放されるでしょう。また目元のアレルギーで悩む場合も、整形手術であれば皮膚への負担も少なく済みます。二重まぶたの手術は、整形手術の中でも最も簡単な部類です。いわゆるプチ整形と呼ばれるような、手軽に受けられる手術でしょう。また、美容整形外科で受けられる手術ですが、簡単なものは数分で済む場合が多いようです。最新の手術では、術後のダウンタイムも不要のケースが見られます。

糸の使用や切開法など

二重の手術で最も手軽なものは、医療用の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れにくく傷跡も残らず、メイクも翌日から可能となるでしょう。リーズナブルで通院も不要とあり、その手軽さから最も人気があります。ただし二重の部分が落ちてくることがあるため、数年でのメンテナンスが必要でしょう。長持ちする手術を希望する場合は、皮膚を切開するタイプがお勧めです。余分な脂肪も取ることができ、腫れぼったい目で悩む人に向く手術です。糸を埋め込む手術よりは時間も費用もかかりますが、持続性は半永久的と言えます。通院も数回で済むため、メンテナンスに時間を掛けたくない人にも良いでしょう。皮膚を切りたくなく、またメンテナンスもしたくない場合は、糸の使い方に工夫をした最新の手術もあります。この手術は受けられる機関が限られ、術後のダウンタイムも比較的かかりますが、仕上がりには定評があります。